心と体

不安に向き合う。

少し?間が空いてしまいましたが

不安について書いておきますね。

例えば、パニック障害の場合

また、パニックになったらどうしよう?

予期不安と呼ばれるものです。

電車に乗るのが怖くなったりして

電車や人混みを避けるようになります。

広場恐怖と呼ばれるものです。

学校や会社に行くのが困難になって

ひきこもりやうつになることも。

では、どうすればいいのでしょう?

少しずつ、慣らしていくのです。

なぜなら、不安はずっとは続かないからです。

時間とともに不安は薄れてきます。

それまで、逃げずに向き合うのです。

不安がひどい時は

気をそらすように、窓の外を眺めてみます。

雲の形を動物に例えるとしたら??

とにかく、意識を他に向けるのです。

あるいは

パニックになりそうな気配がしたら

リラックス法を試してみます。

あらかじめ練習しておいた

呼吸法や筋弛緩法、自律訓練法など

自分と相性の良い方法で

なんとか乗り切るようにします。

緊張や不安と、リラックス

それは同時には存在できません。

リラックスしている間は、不安が和らぎます。

不安な場面から逃げずに

少しずつ身をさらすのです。

不安な場面を避けていると

一時的には不安が消えますが

不安はそのまま残ります。

そして、また不安を避ける悪循環。

苦手な場面をスモールステップで

少しずつ、少しずつ慣れること。

キップを買う

改札を通る

各駅停車から、快速へ

誰かと一緒から、自分一人で

不安階層表を作って

簡単そうなところから始めます。

実際に始めるのがムリそうなら

まずはイメージするところから。

そうやって

少しずつ、少しずつ自信が持てるように。

このエクスポージャー(暴露法)は

強迫性障害にも使われます。

中々、書ききれそうにありませぬ。

つづきは、リベルテで。(*´д`*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

評価されなくても。

リベルテの評価シリーズ?の最後です。

私たちは、評価されたいのが普通で

だったら、楽して評価されるといいねって

そんなことを書いてきました。

じゃあ、評価された時だけ「I am ok」で

評価されないと「I am not ok」なの?

それはちょっと違いますよね。

「I am ok」になれないとか

「I am ok」に変わりたいとかじゃなくって

元々、私たちは「I am ok」なんです。(*´ェ`*)

「I am ok」なんだけど、上手くいかない

現実の自分はこんなもんだし。(;゚∇゚)/

どうしたら評価されるのかなぁ?

そこで、あれこれ工夫する訳です。

つまり、これは「I am ok」前提のお話です。

勉強や家事や仕事で評価されなくても

ただそこにいてくれるだけでいい。

評価されなくても、私たちの価値は変わりません。

そりゃあ、評価されるにこしたことはないけど。

いてくれるだけでホッとしたり

顔を見てるだけで嬉しかったり

「存在」が認めらてもらえると

とっても安心して、幸せな気持ちになれます。

もし、それが叶わない環境だとしたら

なるべく、そういう人の側に行きましょう。

褒めてくれたり、大事だよといってくれる人

「しょうがないな~。」と頭を撫でてくれる人

もちろん、探すのは結構大変ですよ。ι(´Д`υ)

でも、数打てば当たりますから!

これは、私の実証済です。

さあ、根気よく探しましょうか。(◎´∀`)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

評価されるかも!

前回のリベルテのブログで

「評価されたい」は、人間が本来持ってる欲求で

私たちは、大昔から集団に属して、社会的動物として

その中で、評価されることをよしとして生きてきた。

だって、評価された方がメリットがあるもん!

そんなことを書かせていただきました。

じゃあ、評価の基準って何でしょう?

1 例えば、成果。

役に立つか、立たないか。

どれだけ貢献してるか。

2 例えば、協調性。

仲間内のルールが守れるか。

コミュニケーションが上手か。

3 例えば、魅力。

その人が魅力的かどうか。

などなど色々ありますが

ひとつが苦手でも、他でカバーできればいいのです。

コミュニケーションが苦手だったり

協調性がなかったりしても

成果を上げれば評価されますし

あるいは、魅力があれば評価されます。

得意なところで評価されるように工夫する!

それが少ないエネルギーで評価されるポイントです。

苦手を克服するには、ものすごいエネルギーが必要です。

そのわりに、成果はなかなか出ません。┐(´-`)┌

それが得意な人には、とうていタチウチできない。

クライアントさんで、アイラインがすごく上手な方がいました。

ブラウンのラインが流れるように描かれていて

その跳ね上げの角度と、最後のスーッとした抜き具合

しかも左右対称の仕上がり!

ブラックじゃなくてブラウンが雰囲気に合ってる。

う~ん、これはもはや芸術的な領域です。

不器用な私が何時間かけてもムリです。(;д;)

コミュニケーションが苦手な彼女ですが

すごくセンスがいいし、癒し系なのです。(*´v゚*)ゞ

この魅力を生かさないのは、もったいない。

受け身のスペシャリストを目指すのもありですぞ。

もし、話しかけるのが苦手なら

話しかけられやすい人になればいい。

受け上手を狙うわけです。

話を聞いた時の表情だとか、ノリとか

リアクションの研究したりして。(*^.^*)

要は、評価されればいいんですから。

元々自分が持ってるもので、ひと工夫。

もしかしたら、少ないエネルギーで

楽して評価されるかも!;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

| | コメント (0) | トラックバック (0)

評価されたい?

リベルテで心理カウンセリングを受けられる方で

評価についての悩みは、とっても多いのです。

「もっと、皆に評価されたい。」

「もっと、皆に認められたい。」

これって人任せで依存してる?

自立してない人のセリフ?

そんな単純には片付けられないことです。

これらの願望は、あっても構わないんじゃないかなぁ。

というか、元々人間の持っている欲求なのです。

なぜって、評価が高いほうがメリットが大きいから。

う~んと昔、狩猟してた時代から

集団の中で協力しあいながら

私たちの祖先は生き延びてきました。

食糧を分け合ったり、敵から身を守ったり

配偶者と出会ったり、子供を育てたり

生きていく上で、集団に属することは

なんだかんだメリットが多いんですよね。wink

この戦略を、私たちは今もちゃんと受け継いでます。

社会に属していれば、メリットがありますから。

さすがに、私は狩りはしませんがcat

お肉を手に入れたり、蛇口をひねれば水が出たり

病院に行けたり、学校で学べたりします。

これらは、社会に属してる恩恵です。

よっぽど、サバイバルな訓練でもしてない限り

孤独では長生きできないわけです。weep

孤独がイヤなのは、寂しいからだけじゃなくって

メリットが少ないからイヤとも言えます。

社会は、一種のデータバンク(資源)です。

評価の高い人ほど、資源がたくさん与えられる!

これが、生きていく上での現実なのです。

だから、評価されたいと思うのが普通です。

その欲求は、悪いことでもなんでもない。

エネルギー源として使ってもいいですし。

じゃあ、やっぱり評価されないと「I am not ok」ってこと?

つまり、評価された時だけ「I am ok」?

それは違いますよ~。

評価されなくても、あなたは「I am ok」です。

続きは、また今度にしましょう。(*^.^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

肩を下げてリラックス

私たちは緊張すると、どうしても

肩に力が入って、肩が上がってしまいます。

すると肺が圧迫されて、呼吸が浅くなってきます。

緊張すると息苦しいですよね。(;;;´Д`)

なので、意識して肩を下げましょう。

筋弛緩法も自律訓練法もですが

まず、体からリラックスした状態に持っていきます。

リラックスしている時は

ストーンと肩の力が抜けていて

ゆっくり呼吸しています。゜.+:。(*´v`*)゜.+:。

毛細血管の隅々まで血液が流れ

手足がほんわか温かいのです。

なので、先にその状態を作ります。

息を吸いながら肩を上げて

息を吐きながら、ストンと下ろします。

何度か試していると、だんだん落ち着いてきます。

今度は、胸を広げて肩甲骨を縮めます。

そのまま、肩を上げてストンと下げましょう。

がんばり過ぎないのがポイントです!

面接やプレゼン、好きな人に告白する?など

いろんな緊張する場面で使うことができます。

先に少し時間をとって、肩の力を抜いてから

いざ出陣という感じです。ψ(`∇´)ψ

(両想いになれるかは、別件です。)

子供のことでイライラしてる時も

かなり呼吸が浅くなってるはず。

そんな時も、肩をストンと下げてゆっくり呼吸。

新鮮な酸素を取り入れましょう。

何かいい案が浮かぶかもしれません。;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

もうひとつの利点は、美容面です。

背中~肩、首、頭、顔まで皮膚は繋がっています。

肩を下げることで、お顔もリフトアップ!

リラックス、おまけにリフトアップ。

試してみる価値がありそうでしょう?wink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

可能性

リベルテの前の寿公園は

すっかり葉桜となって

新緑がさわさわと風を受けています。

いつか高遠の桜を見に行きたいのですが

今のところ実現していません。

混雑するから、朝早く出発したいのですが

早起きが苦手なので、足踏みしてるのです。(^-^;

それで今年は、いつもと違う桜を見ようと

高浜の大山緑地公園に出かけました。

ここの桜はおすすめだよ、と聞いたので。

Cimg2078 とっても風情がありました。

ハデではありませんが、すご~く私好み。

静かで、ハラハラ落ちる花びらの音まで

聞こえきそうな感じ。゜.+:。(*´v`*)゜.+:。

Cimg2083 なんだか素敵でしょう?

行ってみて本当によかった~!

すっかりお気に入りの場所になりました。heart01

高遠に行く可能性が低かったとしても

それに近い可能性を拾うことはできます。

お花見に行こう!と思えば

可能性は無限に広がります。

思わなければ可能性はゼロです。

私たちは、できることは制限されていても

したいことは制限されているわけではないのです。

「もし、何をしても神様が尻拭いしてくれるとしたら?

あなたは何がしたい?」

とんでもないことが浮かんできても大丈夫!

だって、それが難しかったら

それに近いことをするだけでも

かなりハッピーな気分になれるから。wink

何もできないわけじゃないのです。

可能性の枠をもう少しだけ、広げてみませんか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「ありのまま」は難しい?

リベルテの目の前の寿公園

一気に桜が満開になりました。

先日まで、なんとなくだったのが

あふれるように咲いていました。

Cimg2063 今朝の一枚です。cherryblossom

桜って、咲く時も散る時もただただキレイ。

ありのままでキレイ。

そういえば

人も「ありのまま」でいいって言います。

もし、私がありのままだったら?

寝起きのボサボサの髪

楽ちんな上下ジャージで

好きなものだけ食べて

好きな人としか会わないで

それ以外は、本を読んだり

ゴロゴロしたり、ネコを膝にのせて

興味のない話にはそっぽを向いて。

こんなありのままだとしたら

まわりに誰ももいなくなっちゃう。(;´д`)

いくら新鮮だからって

畑から抜いたばかりの

泥だらけのダイコンをそのまま

「さあ、どうぞどうぞ!」って

だってありのままだからって

それはちょっと違う。 ┐(´(エ)`)┌

せめて泥くらい落としてから

「よかったら、どうぞ!」って渡したい。

だから、「ありのまま」に要注意です。

ちょっぴり、さじ加減が必要なのかもしれません。

ありのままの自分を知ることと

それを全部さらけ出すことは別なのです。

桜みたいに、ありのままで

ただそこに在るって難しいなぁ。

ありのままの私

それをどう出していきましょうか?

腕の見せ所なんですけど。┐(´д`)┌

まずはできる範囲で、ちょこちょこと

小出しにしてみましょうか?(*´ェ`*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

靴下の実験

人から見られてる気がする。

そんな人に

「そんなの、気のせいですよ。」

なんて軽々しく言えない。

実際、見られてるのかもしれないし。

視線が気になるクライアントさんに

靴下の実験をすすめてみたら

「そんなの、出来ない~。」と言われて

自分で実験することに。(゚ー゚;

もしも左右、柄が違う靴下を履いてたら

いったい何人の人が気付くんだろう?

数字で、何人ってわかれば

少しは客観的に見られるようになるから。

Cimg1980 これくらいで、許してね。(゚ー゚;

一日目、電車と地下鉄で名古屋へ。

なるべく足元が見えるように

ジーンズの裾を折ってお出かけ。

なんだかソワソワして落ち着かない~。

私のこと、ヒソヒソ話して笑ってる?

やたらと色んな人と目が合う。

きっと私の方が

キョロキョロと周りの人たちを見てるから

必然的に目が合う確率も高くなるよね。

でも、落ち着いて観察してると

誰も私の足元に興味はないのか

ちっとも視線は感じない。(^-^;

なんだかいつも以上に緊張して

ひとりで勝手にクタクタになって帰宅。(@Д@;

家でも、スリッパを脱いで過ごしてたけど

家族は誰も突っ込んでくれない。

「何やってんの?靴下が左右バラバラだよ~。(笑)」

と言ってくるのを待ってたのに。

二日目、実験の約束をしたクライアントさん

カウンセリングが終わりに近づいた頃に

「あの~、これって実験ですか?」って聞かれて

「わ~い、やっと気付いてくれた?」

そう言って自慢げに、左右バラバラの靴下をみせたら

「そうじゃなくって、シャツのボタン。」

慌てて見てみたら、真ん中のボタンが外れてた。

「これが、実験かと思った。」

そう言われて、アタフタ。

よくやるんですよね、私。。(;´д`)トホホ…

今回の靴下の実験で分かったこと。

①自分が見られてると思うと、ものすご~く緊張して疲れる。

②人とやたら目が合うのは、自分がキョロキョロ見てるから。

③思ってる以上に、人は私に興味がない。

④人は、私以外のことで普通にクスクス笑ってる。

⑤クライアントに、「実験してみて。」と簡単に言わないこと!

(実際にやるのはすごく勇気がいるし、プレッシャーがかかります。)

それにしても、とりあえず家族には

せめて気付いて欲しかったな。\(;゚∇゚)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「やり方」が問題

たとえば

「失敗ばかりしてるダメな私。」

「いつも、上手くいかないことばっかり。」

そんな風に自分を責めていませんか?

あなたはちっとも悪くありません。

悪いどころか、失敗したということは

苦手にもかかわらず、チャレンジしたということ。

とても勇気があるということです。

責めるどころか、褒めるところです。;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

では、何がいけないのか?

ただ、「やり方」がまずいだけです。

「やり方」を変えればいいのです。

失敗したということは

その「やり方」は向いてなかったというだけのこと。

ひとつ、学んだんです。ヽ(´▽`)/flair

で、あれこれ違う方法を試してみます。

あれ?これも違った。

これは自分に向いてない方法だなぁ、とか。

人の意見も聞いたりして

その中で、それもありかな? とか

それもいいな!みたいなものがあれば

試してみるのもいいですよね。

できるだけ、柔軟に。(*´ェ`*)

こうすべき!だとか、こうせねばならない!

という枠組みを緩める感じです。

そうして、すったもんだしてるうちに

数打てば当たるかもしれません。

今までと同じ考え方や、やり方をして

違う結果を求めるのはムリな話です。

それでも、どうしてもダメだったら?

「残念でした!」ということで

あきらめて、次に行きましょう。

石にかじりついてでも、やり遂げたいことなら

がんばらなきゃなりませんが

そうでもないことなら

「今回は残念でした!」ということです。

ムリなものはムリなのです。

自分の得意なもので勝負すれば

少ないエネルギーで、成功しやすくなります。

さあ、次に行きましょうか?(*゚▽゚)ノheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

相撲を取ったら、負けるだろう。

昔、駄菓子屋さんにあったおみくじで

点取り占いというのがあって

10点が満点の点数と

妙に古風なイラスト付きで

引くのがもったいないくらい、大好きでした。

中でも、お気に入りは

「相撲を取ったら、負けるだろう。」

ヘンテコなお相撲さんのイラスト入りで

ハズレはハズレなんだろうけど

ちっとも悔しくないというか

「今日は、残念でした~。」みたいな。dog

「それがどうした!」みたいな。cat

上手投げではどうにも無理だったら

次回は、寄り切りを試せばいいし。

あれこれ考えて準備ができたら

土俵に上がる勇気が欲しいな。

土俵から転げ落ちても

命までは取られないし

思ってたほど大ケガしないって

やってみなくちゃわからない。

確かにカッコ悪いけど

残念な日もありますもんね~。(;;;´Д`)

でも、土俵にあがれば最低でも

相手のタイプはリサーチできます。

試験でいえば、問題の傾向がつかめる感じ?

ああ、こういう問題が出るんだ~とか

この人、引っかけ問題好きだな~とか。

転んでもタダじゃ起きないみたいな。ヾ(´ε`*)ゝ

どう見ても、「当たり」じゃないけど

気に入って、お財布に入れたまま

何年も持ち歩いてたおみくじ。

いつの間にか失くしちゃったけど

今でも失敗したり、へこんだ時に

ヘンテコなお相撲さんが現れて

「今回は、残念でした~。」って

クスリと笑わせてくれるのです。┐(´-`)┌

そうそう

もうひとつ、気に入ってたのは

「ブーブー言うのは、ブタと君だけだ。」

これもなんだか、いいでしょう?pig

| | コメント (0) | トラックバック (0)