« 年を取ること | トップページ | 深呼吸みたいな風 »

違う景色

今日、クライアント様が帰られる時

いつもにように門までお見送りしたら

「何だか、景色が違って見える。」

そんなことをおっしゃいました。

「本当に不思議。」と。

きっと、何度かお話をされる中で

とらえ方が少しずつ柔軟になって

今まで見えなかった景色が

目の前に広がったように思う。

リベルテの前の小さな公園の木々

茶色のベンチや砂場、ブランコ

それは、いつもと変わらずそこにあって

ただ、クライアント様にはその景色が

フィルターがかかって見えていただけ。

それは味気ない色彩だったのかもしれない。

枠組みが柔軟になると

世界は生き生きとした色を帯びて

今まで見えなかった可能性が広がる。

元々、可能性はそこにあったのだけれど

いっぱいいっぱいだと、それに気付かない。

心に余裕やゆとりがなかったんだから

しょうがなかったんだと思う。

「なんだか、体がポカポカしていて

とりあえず、やってみようって

今はワクワクしてます。」

初めてお会いした頃と比べて

その表情はとても柔らかになっていました。

|

« 年を取ること | トップページ | 深呼吸みたいな風 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550174/65958851

この記事へのトラックバック一覧です: 違う景色:

« 年を取ること | トップページ | 深呼吸みたいな風 »