« 柔軟な風。 | トップページ | 不安という感情 »

だからこそ、よかったこともある。

心配性、不安

優柔不断で決められない。

リベルテには悩みを抱えたクライアント様が

訪ねていらっしゃいます。

抱えた重い荷物で肩は凝り

フラフラとした足取りで

こんな自分はダメだと。。

カウンセリングの技法である「リフレーミング」

何が何でもポジティブに、ではありません。

他のとらえ方はないかな?です。

もう少し柔軟なイメージです。(*´ェ`*)

いろんな角度から見てみるのです。

ひとつは、意味のリフレーミング

例えば、心配性な人は

慎重な人とも、計画的な人とも言えます。

かなり準備上手だったりもします。

優柔不断な人は

思慮深い人とも言えます。

物事を深く掘り下げて考えられるのです。

もうひとつは、場面のリフレーミング

だからこそ、よかったこともある。です。

心配性だからこそ、よかったことは?

優柔不断だからこそ、よかったことは?

お陰で、これまでひどい失敗をしなくて

無事にやってこれたのかもしれません。

今回も、パパッと潔く決めてね!と

変に期待されることもありません。

決断力があってパパッと動ける人は

かっこいいですけど、失敗も多いものです。

決断力もあって、なおかつ失敗しない

それは、また次元が違う話です。

たいていは良い事半分、悪い事半分。

う~ん。(*v.v)。

そのままの自分でよかったりもします。

|

« 柔軟な風。 | トップページ | 不安という感情 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550174/64750161

この記事へのトラックバック一覧です: だからこそ、よかったこともある。:

« 柔軟な風。 | トップページ | 不安という感情 »