« 大人の色 | トップページ | 甘味の秋 »

留守電のジレンマ

自宅で、一人でサロンをしているため

どうしても施術中は留守電になってしまう。

「お電話ありがとうございます。

リベルテでございます。只今、電話に・・・」

とゆう、何度も録音しなおして

やっと作った留守電のメッセージに

今までで、入っていたのは2件だけです。(´・ω・`)

そうだよね。(。・w・。 )

私もなかなか入れないもん、留守電に。

自分だったら、な~んだ、ってがっかりして

そそくさと電話を切っちゃうに違いないし。

なので、着歴があって留守電の録音がないと

なんだかお断りしてしまったみたいな罪悪感が。。。

せっかくお電話いただいたのに

がっかりさせちゃったな~って。weep

でも、どうしても施術中は

お客さまに全身で集中していたいし

手を止めたり、会話を途切れさせたくなくて。

これからも、きっと続くに違いない

理想と現実のジレンマで

グズグズと未練を残しながら

やっぱりご予約の時間がくると

留守電に切り替える日々なのです。bearing

|

« 大人の色 | トップページ | 甘味の秋 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550174/52897620

この記事へのトラックバック一覧です: 留守電のジレンマ:

« 大人の色 | トップページ | 甘味の秋 »