« パン屋さんをハシゴ | トップページ | 隙間の時間の行先 »

外堀通りにて

名駅で、バス乗り場に向かって歩いていると

わたしの前に40代くらいの女の人が

その少し前に50代くらいの男の人が

ほぼ同時にバス停に着いて並んでた。

ビル風は熱風みたいに暑くって。

暫くしてバスが来ると

その男の人はさっと後ろにずれて

女の人に「どうぞ」って言って、先を譲ってた。

ごく自然に涼やかな笑顔で。

女の人はバスを降りる時に

辺りをくるくる見回して、

先程の男の人を見つけると

「ありがとうございました。」って

ぺこりと頭を下げて行った。

同じバスに乗り合わせた私は

なんだかバスが好きになってしまった。bus

外堀通りの辺りは、木々がこんもり茂ってる。

梅雨の晴れ間の生ぬるい風に揺れていて

窓の外の木陰は、とても涼やかに見える。

行先は、まだいくつか先なのに

つい斜め上にあるボタンを押して

ここで降りてしまいたくなってしまう。

膝の上のかごバックには

午後の講習の資料が入ってて

道草はできないけれど

いつかきっと、ボタンに手を伸ばして

ここで降りてしまう気がする。

それくらいお気に入りの風景の、外堀通りにて。heart01

|

« パン屋さんをハシゴ | トップページ | 隙間の時間の行先 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550174/52068444

この記事へのトラックバック一覧です: 外堀通りにて:

« パン屋さんをハシゴ | トップページ | 隙間の時間の行先 »