« 色を帯びる時 | トップページ | 夏のお気に入り 3 »

火薬の匂い

昨日は、名古屋港の花火の音が

ずっと聞こえていました。;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

何年か前に、2回行ったけれど、

地下鉄がぎゅうぎゅうで、呼吸できませんでした。weep

岡崎の花火、豊田の花火はゴージャス。shine

長島の花火は、広場にゴザみたいなのが敷いてあって

寝転んで夜空ごと満喫できて、お気に入りです。mist

最後のナイアガラの滝が終わる頃、

『おわり』だとか『交通安全』だとかの文字が浮かび上がって

なんだか微笑ましくて。( ´艸`)プププ

最近は、自転車の後ろに乗っかって、

渋滞を抜けて、刈谷の花火に出かけています。

花が開いた少し後に、みぞおちの辺りに響く低音と

浴衣の髪に浸み込む火薬の匂い。。。

低音響と火薬の匂いのコラボにうっとりしてると、

持ってきたビールは、すっかりぬるくなってる。

でも、今年もたぶん出かける予定です。wink

人混みを抜けて、自転車の後ろに乗っかって

火薬の匂いと、冷えたビールがぬるくなる場所に。

|

« 色を帯びる時 | トップページ | 夏のお気に入り 3 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550174/48923516

この記事へのトラックバック一覧です: 火薬の匂い:

« 色を帯びる時 | トップページ | 夏のお気に入り 3 »