思い出

大切なのは思い出だ

心理学の先生がそう教えてくださった

いかに思い出をつくれるか

それが大事だと

 

欲しいものが色々あった

手に入れたもの、手に入らなかったもの

今でも欲しいものはある

今年らしいペディキュア

小さな天然石のピアス

懐かしくて、再びマイブームの

コムデギャルソン

お気に入りたちと一緒に

これからどう過ごそうか

 

たいてい何かを買う時って

それでどんな体験ができる?

どんなワクワクが待ってる?

その先に見えるものを想像する

そのモノ自体というより

そのモノと作るであろう思い出に

心がときめく

 

常滑の海岸に夕陽を見に出かけた

サンダルが隠れるくらいの

綿の黄色のギャザースカート

砂がついてもザブザブ洗えるから平気

近くのマックに寄って

アップルパイとコーヒを買って

日の入りの時刻はチェック済み

刻々と変わる空の色から目が離せなかった

ごく淡いピンクから深いオレンジに

そこには水色やグレーが混ざってる

それから

海岸沿いの木々や家のシルエットが

影絵みたいになるまで

 

しまっては取り出して

くり返し見ていたい

今年の夏の大切な思い出

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

傷口 2

前回の続きとして

 

心の傷痕はあえて掘り返す必要はない

フタをしてしまいこんだ欲求(未完の思い)

忘れている(思い出したくない)辛い出来事

わざわざほじくり返すことはない

認知行動療法は

原因はさほど問題にしないで

思い込みやとらえ方にフォーカスする

先入観や思い込みを

別の枠組みでとらえ直すことで

偏った認知を柔軟にほぐしていく

そうすることで少しずつ楽になる

この方法は傷口をえぐらずにすむ

ただ

実際はそう簡単にはいかないのも事実

とらえ方や行動をいくら修正しようと

なかなかうまくいかない場合

心の傷痕にたどり着いてしまう

どうしても問題と向き合わざるをえない

これはとてもエネルギーを使う

過去のとらわれに気づいて

そこから結び目をほどいて

もう一度結び直す体験が必要になる

時間をかけて慎重に

結び目はこんがらがっていて

しかもカチカチに結ばれている

向き合うにはエネルギーがいる

だから伴走者が必要なのだと思う

| | コメント (0)

傷口

十分に気を付けなければいけないこと

 

心の奥の傷口に触れてしまうこと

いくら笑顔で話していたとしても

まだふさがっていない傷口は

ふとした拍子にパックリと裂けてしまう

別の話題の中だったとしても

傷痕に近い部分に触ると

急に怒りや悲しみが吹き出してくる

まるで裂けた傷口から

再び血が流れ出るように

 

本心は納得していない

フタをすることで何とかしのいでいる

まだまだ癒えていない傷痕

ご本人が望まないのに

あえて掘り返す必要はないし

大丈夫そうに見えたとしても

ご自身の口から本音が出るまで

ゆっくり待ってみる

安心して感情を吐き出せるまで

寄り添いながらそこにいる

 

これは自分への再確認なのですが。

 

| | コメント (0)

何もしない時間

新緑の季節がやってきて

あまりにも気持ちいいから

思い立ってアウトドアショップへ。

折り畳み式の椅子とクッション

とっても軽いテーブルを買いました。

さっそくリベルテの庭で、まったり

Img_7490


ただのんびりと何をするでもない

風を感じながらボーッとしてる時間

ひこうき雲が伸びていく

カフェラテは冷めてしまったけど

これ以上必要なものってある??

| | コメント (0)

表情につられて

リベルテ前の寿公園

桜がようやく見頃を迎えた金曜日

窓辺のカーテンを開けて

桜を見ながらのカウンセリング

時々、窓の向こうに目を向けて

「きれいですね」

相談者様が微笑む

その瞬間、呼吸は深くなって

肩の力がふっと抜ける

表情という身体的な変化につられて

心理的な気持ちも変化する

コロナや戦争

辛い現実が続いている

それでも

ふと、気持ちのほぐれるひと時

微笑んでいるひと時

緊張や不安も少しほどけている

そんな時間が少しずつ増えたらいいな

 

 

| | コメント (0)

ただいま~ 八ヶ岳

2年ぶり?3年ぶり?

八ヶ岳を歩いてきました

緊急事態宣言が解除され

久しぶりの山旅です🎄

ちょうど白駒池が紅葉していて

ひと足早い秋がここに

池の周りの木道を散歩して

そのあと苔むす森の中へ

いつも思うのだけれど

少しだけ甘いこの香りは何だろう

樹木から?あるいは苔から?

同じ香りのアロマを探してみるけど

いまだ見つけられない

どうブレンドすればこうなるんだろ

ここにいる間中、浴びるように

髪や肌にまとわりついているのに

リベルテで再現できずにいる💧

山小屋は、前回、前々回とも

黒百合ヒュッテでしたが

今回は初の麦草ヒュッテ泊

わーい😃こたつがある~

自宅のように、ゴロゴロくつろぎ

自宅のように、こたつでうたた寝

どこにいても相変わらずな私🐱

自粛中にすっかり落ちた筋力で

翌日、筋肉痛になるとも知らずに💦



| | コメント (0)

バランス

この辺りは、昨日梅雨に入った。

まだ、5月半ばというのに。

雨は嫌いじゃないけど

心の準備というものがあるのだ。

コロナと共の生活のなかで

暗いニュースばかりなので

いちいち気分が左右されないよう

フラットで客観的でいられるよう

淡々とした心持ちを心掛けていた。

その状態が長引くと、何が起こるか?

ネガティブに引っ張られることがない分

ポジティブな感情まで薄れてくる感覚

傷つくこともなければ、ワクワクもしない

フラットで、ある意味、穏やか

でも、なんだかとてもつまらない。。

あまりにも一喜一憂しないようにしていると

感情がマヒしてくるんじゃないだろうか?

ずっと以前、カウンセリングで

いつもネガティブな思いばかり浮かんで

このままじゃしんどいという相談者様に

客観的にとらえる練習をしていただいた

少しずつ、柔軟に考えられるようになり

ずいぶんと楽になったと喜んでくださった

でも、ある日彼女がこう言った

「最近、なんかつまらなくなってしまった。」

頭をガツンと殴られたような気がした。

あまりに客観視に偏りすぎると

心まで他人事のように思えてくる

客観と主観のバランス!!

長引くコロナ禍の抑圧の日々

感情を抑え、知らず知らずのうちに

私のバランスも崩れかけていたのかも

わがままで好奇心旺盛なチャイルド

五感も六感も取り戻して

内なるチャイルドの声に耳を澄まそう



今年植えた山アジサイ 可愛いな~

 

 

 

 

| | コメント (0)

川べりの散歩

あまりにいいお天気なので

少しくらい太陽を浴びたくなった

何度も車から見ていた川べりの風景

リベルテからそれほど遠くない

畑のおじいさん、線路脇の草を刈る人

反対岸をのんびり歩いているご夫婦

川面にぽっかりと浮かぶ亀、鴨の群れ

誰の声も聞こえない

定期的に赤い名鉄電車が通るのが見える

陽射しで首の後ろがぴりぴりする

気がつくと2時間もここにいた

コロナでなければ来なかったかもしれない

こんなに近くにあるどこか懐かしい場所

子供の頃、ツクシを探して歩き続けた

あれはどこの土手だったっけ?

今度は反対岸を歩いてみよう

アスファルトが敷かれていない土の道

そして川べりをできるだけ遠くまで

どこまで行けるだろう

吹く風から、かすかに潮の匂いがした

 

 

 

| | コメント (0)

やっぱり好きな居場所

何年かぶりに本宮山に登りました。

コロナのこともあり

静かな山にちらほら出かけていました

最近では京ヶ峰~音羽富士とか、岩巣山

宮地山~五井山とか、桑谷山かな。

音羽富士ではアサギマダラと会いました

紙飛行機みたいに飛ぶんですね

あれなら長距離移動できそう。

さて、くらがり渓谷から本宮山までは

緩やかな道のりですが時間がかかります

なので、今回は鳥居のある登山口からスタート

人気がある山は整備されてていいですね~

トイレが水洗なのもポイントが高い!

山道は針葉樹や広葉樹どちらもあり

ちょっとした岩場もあって飽きません。

 

すれ違った方にお花が咲いてるって聞いて

寄り道したら可憐な花が群生してました

カリガネソウなんですって。

山で出会う年配の方々は

ほんとうに元気で物知りです。

ここもやっぱり好きな居場所のひとつ

たっぷり癒されたエネルギーは

そのままリベルテに持ち帰って

相談者様におすそ分けできたらと思います。

| | コメント (0)

コロナ対策

マスクや消毒、空気洗浄機、換気

相談者様の不安を少しでも減らしたい

インスタで見かけた飛沫対策!

早速、カーマでアクリルボードを購入

どうやってテーブルに立てようか?

試行錯誤の末

セリアでカードフォルダーを発見

これに挟んで立ててみることに。

Img_4566

カードフォルダーにはポストカード

モネやセザンヌを日替わりで。

少しでも不安が和らぎますように。

| | コメント (0)

«マスク